黒蛇学生珍道中

じゃがいもに心奪われた飲兵衛大学生の日常+料理日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サヨナラ、オグリキャップ

昨日、葦毛の怪物ことオグリキャップが逝ったそうです。
オグリは今年で25歳、静養先(というか老後の安住先)にて骨折し、センターに運ばれたものの手遅れだったとのこと。

自分にとっては馬という生き物を知るきっかけであり、葦毛が好きだった大きな理由であり、最も憧れた馬でありました。


天国でタマモクロスと再び戦えることを、そして心からオグリキャップの冥福を祈っています。
オグリキャップ、ずっと長い間お疲れさまでした!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/04(日) 06:09:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

貴方の後ろに、黒い鹿毛


黒い影って打ちたかったのに…予測変換が空気を読み過ぎました(笑)。
  1. 2010/04/25(日) 10:27:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

救われた気がした

久し振りに高校の友達が連絡をくれて、馬の話をしてました。

競馬大好きな奴で、オディールの予後不良の時もすごい落ち込んでたような人です。
そいつに軟腫抱えの部活の馬の話をしました。

同期とは明らかに違う自分の考えに、闇に冷たいよねみたいな視線に当たることもあったから、奴の言葉がすごく嬉しかったです。

『怪我で引退して、それでも乗馬になれたんだから幸せじゃない?』

確かに、そうかもしれないと思いました。
骨折してそのまま終わる馬だって数多いる中で、生き残って乗馬として過ごした日々があったこと。
それなりに毎日動いて、可愛がってくれる人たちがいて、たまに美味しいものなんか貰って。

確かに爆弾を抱えて生きてきた日々は苦しかったかもしれません。
でも馬として、彼は真っ直ぐに走り抜けてきたんです。
幸せじゃなかったかもしれない、けれど不幸せとも決めつけられない。
だから、自分の考えを曲げないと決めました。
多分、間違ってはいないと思うのです。
…あってもないだろうけど。
  1. 2010/04/15(木) 12:40:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ひなたぽかぽか

20100408132403
でも小心者だから遠くまで行けない。
そんな馬ゴゴロ(笑)。
  1. 2010/04/08(木) 13:19:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

僕は大丈夫だと言ってほしい

部活の馬が一頭、最後通告をされた。
競走馬時代からの軟腫を5年以上抱えて学生と付き合ってきた馬で、自分にとっては初めての大会を無事に還らせてくれた師匠にあたる馬だった。
腫瘍の圧迫からか中の組織と皮膚が癒着して突っ張っているらしい。
それが不快で乗られると更に不快だから人を落とす、おまけにこれに後肢がついてこなくなった日には人馬転してどっちもお陀仏と来た。
コンスタントに大会還ってこれるのはこいつしかいないとか、今新馬を入れたところでどうにもならないとか考えないといけないことが増えすぎた。
去年の時点で既に勧告はされていた、一年引き摺ってこれただけでも十分なのかもしれない。

「軟腫は何頭も見たが、癒着は初めてだ」

監督の何気ない言葉が重かった。
それはつまりそこまで悪化する前に治療するかクラブから出すかということに他ならない。
素人は殺すのは可哀想だと思い、何とかして生かしてやりたいと思う。
だが玄人は治らない爆弾を抱えているのを承知で酷使することが可哀想だという。
間違ってはいない、けれどどうもしてやれない。
危険を承知で使い続けるべきか、僅かな生き延びる可能性に賭けてクラブを転々とさせるか。
あるいは…。



それでも、だとしても一番心配なのは自分が好きな馬のこと。
巨躯に似合わぬビビりでへたれで懐っこくて優しい子。
顔を見ると寄ってきて甘えてくれるようになった。
素直だから新入生が入ったらこれから嫌でも酷使しないといけない。

我が儘だけどこの子だけは潰したくない。
他の4頭全部潰してでも守りたい。
こういう愛情の偏り方をしてるからツンデレ師匠はいまだにデレてくれないのか…(苦笑)?
それでも一番好き、大好き。
だから痛みにも素直であってほしい。
ほんの些細な違和感でもいいから、辛かったら苦しがってほしい。
いい子だから無理して頑張ってくれそうで怖い。
頑張らなくていい、跳べなくていい。
だから元気でいてほしい。

頭を撫でて、潰れないでくれと言ってみた。
摺り寄ってきた彼は、頑張るねと言ってくれた気がした。

頑張ろう。
憂うことなくこの子と最期まで居ると決めた。
技術で誰に劣っても、大好きな気持ちだけは負けるつもりはない。
  1. 2010/03/26(金) 07:46:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。