黒蛇学生珍道中

じゃがいもに心奪われた飲兵衛大学生の日常+料理日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬の大移動

20090828083813
どさんこ牧場で迎えた朝、外を見れば夜間の放牧場から追われた馬たちがやれやれよっこいさと言いたげに走ってました。
その姿を見て、ふと


「綺麗な瞳だなぁ」


と思いました。
広い場所に繋がれることもなく、好きに食べて寝てちょっかいだして怒られて……
馬房に住み込み状態のサラブレッドにはない穏やかな生活がここにはあるのです。


どんな生き物でも、己の意思で行動を決定できる世界にいるモノは澄んだ良い眼をするなと思っています。
例えば、ペットショップでケージに押し込まれているボーダーコリーよりも、外に繋がれているボーダーコリーの方が生き生きしてませんか?
更に言うなら羊を追う彼らは更に鮮やかな瞳をしていると私は思っています。

馬も然りです。
馬房より丸馬場、丸馬場よりも牧場。
そんな意味ではサラブレッドは可哀想かも知れません。
あんなに大きな身体なのに……。


どうしたら限られた場所と時間の中で、彼らが少しでも伸び伸びと快適に過ごすことが出来るのか。
考え続けようと思わされる光景でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 08:35:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<湿原の風 大地の疾走 | ホーム | とねっこ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shimakaras555.blog91.fc2.com/tb.php/11-05b5b7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。