黒蛇学生珍道中

じゃがいもに心奪われた飲兵衛大学生の日常+料理日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

救われた気がした

久し振りに高校の友達が連絡をくれて、馬の話をしてました。

競馬大好きな奴で、オディールの予後不良の時もすごい落ち込んでたような人です。
そいつに軟腫抱えの部活の馬の話をしました。

同期とは明らかに違う自分の考えに、闇に冷たいよねみたいな視線に当たることもあったから、奴の言葉がすごく嬉しかったです。

『怪我で引退して、それでも乗馬になれたんだから幸せじゃない?』

確かに、そうかもしれないと思いました。
骨折してそのまま終わる馬だって数多いる中で、生き残って乗馬として過ごした日々があったこと。
それなりに毎日動いて、可愛がってくれる人たちがいて、たまに美味しいものなんか貰って。

確かに爆弾を抱えて生きてきた日々は苦しかったかもしれません。
でも馬として、彼は真っ直ぐに走り抜けてきたんです。
幸せじゃなかったかもしれない、けれど不幸せとも決めつけられない。
だから、自分の考えを曲げないと決めました。
多分、間違ってはいないと思うのです。
…あってもないだろうけど。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/15(木) 12:40:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<だめだ、こいつ早く何とかしないと(賞味期限的な意味で) | ホーム | やれやれ\(^O^)/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shimakaras555.blog91.fc2.com/tb.php/81-4c13a026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。