黒蛇学生珍道中

じゃがいもに心奪われた飲兵衛大学生の日常+料理日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白馬再び

乗馬技能検定の3級を受けました。
とりあえず実技は合格できたようです。

初乗りの時の白馬に乗っての演技(と書いて良いのか?)でした。
乗ってる人はかなり緊張してました、そして乗りながらあちこち後悔してました(笑)。
しかし端から見てると意外と好評を貰えて嬉しかったです。
とりあえず監督に上手く乗ってたぞ?って言って貰えて良かった。
本来は他の人が調整したやつでちょいちょいっと走ってくれば良いだけの予定だったので、かなり焦りましたが無事で良かった。
何よりもスタッフさんに
結構良かったよ、面倒臭い馬なのによく駈歩出したね
って言われて凄い嬉しかったです。
踊れと言われたら踊りだせるくらいに(笑)。
  1. 2010/03/22(月) 18:26:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

意外な雑談 ~筋肉に魅せられて~

部活先のちょっと怖いスタッフさんと雑談してきました。
主にカルビについて……嘘です、馬体の筋肉についてです。

スタッフさんの馬は首の前半分に筋肉が付いてきて、あとは首の後半分にも筋肉が付けば馬場馬とかにいる綺麗にアーチ描いて首曲げられるような良い馬になるらしいです。
その為にはしっかり馬銜受けたら逃がさない・持ってかれないが肝心なんだとか。
股肉は後輪駆動のエンジン的な存在だからもうちょっと付いて欲しいとぼやいてました。
あと喉に筋肉が付くと屈頭が出来なくなって馬銜受けしないらしいです。

『……ってそれうちの馬じゃないですか!?』
『あれはなんちゃって馬銜受けだよねぇ(笑)』
って会話をしてました。

しっかし大きく見えても流石サラブレッドです。
キ甲が160cmくらいある馬なのに540kgだったらしいです(競走馬時代)。
体重表に1tとか書いてあるばんえいの馬っておかしい……。
まぁペルシュロンとかブルトンとか交ざってるから当然ですかね?

こないだから思い始めましたが案外気さくでいい人だったので、暇見て色々手伝って話をしてみたいですね(笑)。
  1. 2010/03/06(土) 18:54:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

私は前を向いて跳ぶ

今日初めて障害飛越で90cmを跳びました。
グリッドですが、確かに前回よりも高い障害を跳んで、ちゃんと馬に持ってかれずに乗り終われました。
今なら60cmのコース廻って来れるかも!
とうきうきしてます。
早く教習所終わらせて部活しよう。
何か今なら伸びそうな気がする……、もとい監督が叩き伸ばしてくれそう、そんな気がするんです。
成長が楽しみになってきたっていわれて喜んでます。
あの人は本当に人を育てるのが上手いと思いました。
褒めて伸ばすって嬉し過ぎるぜ…。
ま、怒られても教えてくれるだけで嬉しいですが。

そして毎回になりつつあるけど、陽流師匠ありがとうございます。
あなたが跳んでくれるから、私は前を向いているだけで良いんです。
  1. 2010/02/06(土) 20:07:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

白馬に乗ったオウジサマ

になりたかった時期があったりします(笑)。
念願?叶って今日の初乗り会で正装して白馬に乗りました。
やっぱり白と黒って場に映えますよね、栗毛も可愛いですが。


栗毛と言えば先に帰るために見回りしようと馬房に向かうと、お気に入りの栗毛のやつが耳をしっかりこっちへ向けて来たの?って顔で夜市を見てました。

動物の瞳って嘘がなくて良いですよね。
それは嬉しい・これが楽しい・アナタは好きって全開で訴えてくれるから好きです。
  1. 2010/01/03(日) 21:32:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

克己こそ最大の成長である

昨日の部活でクロスコースのリベンジしました。
次回の反省時参考にするためにめもめもφ(..)



落馬しかけが半分に切られた障害のリカバリー方向間違えて一反余計に貰ったりと、結果は散々ではあるものの何とか目標である無事帰還は達成しました。


とりあえず決定的にスピードが足らんのですね、跳び方に。
怖いから速度を出さないのは結果的には余計に怖かった……落ちる。

あと切られたら少し離れた場所から同じ手前で入る方が良いようです。
というより無理に馬体を回した所で跳べなかった。

それでも監督には上手くなったと言われ(他の人とは段違いに練習経験ないから、単に慣れてきたとも言う)、先輩にもよく跳んだと言われて満更でもなかったり(笑)。

ラストの3つは鐙が片方外れてましたが、師匠こと陽流を信じて障害に突っ込みました。
師匠なら跳んでくれそうな気がしたんですよね。
きっとあれで鐙が脱げたから障害跳べない!
って止まったら監督も褒めてはくれなかっただろうなと思いました。
やってみれば何とかなることもあるらしい。
次回の目標は落ちそうにならないように跳ぶこと、かな?



最近馬に乗ることが楽しいです。
少しでも成長したっていう手応えと、次はどうしたら跳べるかというのを確かに考えるからでしょうか?
同学年と比べて喩え劣る部分ばかりだとしても、馬をやって良かったと思えるようになりました。ユウスケもなついてくれましたしねσ(^_^)。

思えば乗馬部に入ってから、生きてきて初めて自分と闘うと言うことをしたように思います。




あ、あと鞭持った手で敬礼しちゃいかんとです、覚えとこ。

そして師匠こと陽流、毎回ありがとう。
  1. 2009/11/08(日) 13:45:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。